建築が好き!になる「ふぃじ記」

ふぃじの日記です。建築の魅力を伝えたいです。

広島市現代美術館は円形広場が印象的!広島にいるなら絶対見るべき建築

f:id:OrganicArchitecture:20170405103701j:plain

こんにちは、ふぃじです。

広島市現代美術館に行ってきました。

この美術館は、有名建築家である黒川紀章氏によって建築設計されたということで、私にとってひと目見ておきたいと思っていた建築の1つです。

なかに入ってからわかったのですが建築に関する賞を2つもとっている建築物だそうです。

外観をパッと見た感じだとそんなに高さがなさそうな建築ですが、地上2階地下2階の実質4階建の大きな建物です。

山の頂上に建てられているので、山の稜線を崩さないように地下に埋められているそうです。

f:id:OrganicArchitecture:20170405092850j:plain

正面の円形の広場から見上げると日の光が差し込む広場が印象的な場所でした。

どこかヨーロッパの街並みにありそうな空間ですね。

この広場から見て右側と左側にそれぞれ展示室があり、コレクション展と特別展で使い分けている感じでした。

円柱の柱はギリシャの神殿にちょって似ている気がしないでもないです。